正社員でなくても利用できるプロミス

貸金業法が改正されて総量規制が導入されました。総量規制によって収入のない人は借入ができなくなったと言われることが多くなりました。総量規制では、年収の3分の1までしか借りることができないということですから、収入がなければ1円も借りることができなくなったのです。ただ、収入というのは正社員として働いているものに限りません。

何らかの方法で収入があればよいわけですから、パートで働いている主婦やアルバイトで働いているフリーターも利用できるのです。ただ、審査にとるかどうかは貸金業者の判断ですから、審査に落ちることもあります。プロミスでは、パートやアルバイトで働いている人も利用できようです。絶対に利用できるとはいえませんが、パートやアルバイトで収入があるのなら、プロミスの審査に通る可能性は高くなります。また、借り入れる金額が50万円未満なら収入を証明する書類の提出が不要ですから、審査には通りやすいといえるでしょう。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月 8日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀行系なら専業主婦のキャッシングも可能です」です。

次のブログ記事は「破産者がお金を借りるにはいつから可能なの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。