銀行系なら専業主婦のキャッシングも可能です

主婦でもパートなどで安定した収入がある方は消費者金融でのキャッシングが可能な場合が多いです。しかし、2010年に施行された貸金業法の総量規制によって専業主婦のキャッシングが難しくなりました。
総量規制とは、お金の貸し過ぎ、借り過ぎを規制するために無担保ローンの合計金額の上限を年収の1/3に規制するという貸金業法の法律です。無担保ローンとは名前の通り担保がいらないローンのことでカードローン、マイカーローンなどが当てはまります。そうすると専業主婦は収入が0円なのでキャッシングができないということになってしまいます。→投資信託のモーニングスター
ただ、総量規制がある貸金業法は消費者金融などの法律で、銀行は銀行業法という法律にのっとって行っていますので、銀行系のカードローンには総量規制がありません。よって銀行系ではキャッシングができる場合もあります。配偶者の同意が必要な場合もありますのでキャッシングをする前に一度調べてみてもよいかもしれませんね。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月 8日 10:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「30日間無利息で借入できるサービスの活用方法とは?」です。

次のブログ記事は「正社員でなくても利用できるプロミス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。